とびだせどうぶつの森 ななむら日記 | とびだせどうぶつの森 @よし のどうもり体験ツアー

南の島で高額な虫をつかまえる!

南の島へ行くと、毎日が夏日ですね。
夏と言えばスイカ!南国といえば青い海、ハイビスカス、マンゴー!
ツアーでバカンスを楽しんで。
まぁ、こんなもんでしょう。
南の島へ行けば、スイカはないけど青い海、ハイビスカス、マンゴー、ツアーは満喫できるかと!
みんなでワイワイ楽しいな・・
・・・
・・
あれれ??
虫取りの話が何も出てこない・・・・

「南の島=虫取り」には、ならないような気がしますね。
でも、「とびだせどうぶつの森」は、「南の島=虫取り」と考えてもいい位の
超高額なカブトムシ、クワガタがゲット出来るんです!

ロビーから外へ出ると、南の島ですね。
左側にいるハニワくんに話しかけて、道具を借りましょう。
虫取りの場合は、あみですね。

ここで注意が必要です。
この南の島、何も手を付けない状態だと、高額な虫をたくさん取る条件が少し欠けています。
なので、ここは思い切って改造しちゃいましょう!

まず、ハニワくんにスコップとオノを借ります。
島の真ん中にある、花、ハイビスカス、木、切り株をすべてスコップとオノを使って
綺麗になくしちゃいます。

次に、浜辺に行って真ん中にあるヤシを切り倒してしまいます。
左側にヤシ3本、右側にヤシ3本にします。
ヤシの間隔は、3から4歩分が良いと思います。

こんな感じで準備を整えます。

ここでもう一つの条件があります。それは時間帯です。
日中は、全くといっていい程、このヤシに虫がとまっていることがありません。
出てくるのは、夕方からですね。PM 5 : 30 位から出始めます。
一番良いのは、PM 8 :00 以降ですね。

そして虫取り開始です。ハニワくんに借りるのは、あみだけ。
他の物を借りたら地面に置いておきましょう。

まず浜辺に打ち上げられている貝類をすべて取ります。取ったら、ククに売ってください。
こうすることで、ヤドカリが出ているのがすぐに分かるようになります。

あとは、浜辺の真ん中に立って、左右のヤシを見え隠れしていればヤシに虫がとまっています。
とは、簡単に行きません。
やはりヤシへ虫がとまらなくなったら、島の中に他の虫がいる可能性がおおきいので、
ちょくちょく島の中をグルっと回るのが良いです。
この辺は、慣れていくしかないですね。

そうするとこの様に虫が取れていきます。
ちなみのこの画像の時間帯は、PM 5: 45 頃です。
ゴライアスハナムグリ ゴライアスハナムグリ

ゾウカブト ゾウカブト

オウゴンオニクワガタ オウゴンオニクワガタ
オウゴンオニクワガタ

持ち物がいっぱいになったら、ロビーに行って「お預かりBOX」へ入れます。
コレを繰り返して「お預かりBOX」がいっぱいになったら村へ帰って虫を売ります。
桟橋にある丸い「お引取りBOX」に入っていますからそこから出して下さいね。
売ったらまた南の島へ行って虫取りをします。
2回やれば、700000ベル以上は行けると思います。

すぐに家を大きくできちゃいますね。

南の島 虫取り でした。


とびだせ どうぶつの森 超完全カタログ

とびだせ どうぶつの森 超完全カタログ書籍

価格¥ 1,188

作者ニンテンドードリーム編集部

発行徳間書店

発売日2012年12月21日

カテゴリー単行本(ソフトカバー)

ページ数640

ISBN4198635390

Supported by amazon Product Advertising API

とびだせ どうぶつの森 ザ・コンプリートガイド

とびだせ どうぶつの森 ザ・コンプリートガイド書籍

価格¥ 1,296

クリエーター電撃攻略本編集部

発行アスキー・メディアワークス

発売日2012年12月21日

カテゴリー単行本(ソフトカバー)

ページ数624

ISBN4048912038

Supported by amazon Product Advertising API

とびだせ どうぶつの森 かんぺきガイドブック (ファミ通の攻略本)

とびだせ どうぶつの森 かんぺきガイドブック (ファミ通の攻略本)書籍

価格¥ 1,296

作者週刊ファミ通編集部

クリエーターファミ通書籍編集部

発行エンターブレイン

発売日2012年12月31日

カテゴリー単行本(ソフトカバー)

ページ数624

ISBN4047286680

Supported by amazon Product Advertising API

コメントお待ちしています。

ご記入にお間違いなきようお願いします。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Back to Top